甘い梅干しを想像してみてください。

madam-proです。

「潜在意識、黄金の扉の鍵」の
 お時間です。


 さて、前回は意識と顕在意識、
  無意識と潜在意識は同じ!

  そして、潜在意識には言語はない。
  感情と感覚の世界という内容でした。
  ここは重要です!

今回のテーマは
自己重要感の正体・・・

心理学では度々出没するパブロフの犬。
食事を与える時にベルを鳴らす。
次の食事の時もベルを鳴らす。
何度か目にはベルを聞いただけで
ヨダレを垂らすようになったのです。

※パブロフは犬の名前ではありません。
イワン・パブロフという帝政ロシアの生理学者です。

犬は100%無意識です。

犬は時間の感覚もなく、
飼い主の都合など考えません。


本能に従ってのみ行動します。


IMG-0007
我が家のフレブルもパブロフの犬…


さて、同じことは私達の中でも起こり、

梅干しやレモンを想像しただけで
口の中に唾液がジュワーと出てきます。



8db8d2001aa395704348feb5f95de1ed_s


まさに人間もパブロフの犬と同じ!

酔っ払って意識がなくなっても
自宅に戻っていたことや、

貧乏ゆすりや高所恐怖症などなど、
考えても「何故」か分からないことって
ありますよね。

潜在意識の働きは、無意識に行動を促します。

考えて分かることは顕在意識レベルです。
潜在意識は考えても❓しかでてこない!

つまり、言葉は通用しない領域だから...

ここまでは前回の復習です。

さて、ここからが重要です。

ほとんどの人が「自信」に飢えていす。
「自信」とは自分を信じることですから、
自信がない人にとっては半端ないことですよね。

その自信をつけるにはどうしたらいいの?
ということになりますよね。

高学歴でキャリア官僚や
一流企業に就職に就職したら
自信たっぷりになれるのか?


12b4fb3d0bd2248e9fa00f46da1b6256_s (1)

高級資格の医師や弁護士は
みんな自信に溢れているだろうか?

起業して成功してお金を稼いで、
マンションに住み、高級外車や海外旅行、
そんな暮らしができたら自信がつくの?

はい、このように頑張って得た
後天的な自信も確かに自信ですが、
地震や台風レベルの衝撃的な出来事では
一瞬にして崩れてしまいます。

条件づけされたパブロフの犬も、
洪水で研究所が水に流された時、
犬も流され、やっと救い出された時、
元の状態に戻っていたそうです。

自信の根本は別のところにあるのです。

その基礎となるものは
「私は母親に愛されている」という
確かな感覚です。


infant-4025284_640

これこそが、この必要とされ
望まれて私は生まれてきたという
自己重要感です。

自己重要感こそが自信!

あなたは母の確かな愛を感じていますか?
無条件の愛を感じてますか?

もう、うすうすお分かりでしょう?


ここはまだ心理学の入り口…

本物の自信を得るための旅はこれから…


madame-pro